ユリコタイガーは、1993年7月5日にイタリアのサヴォナに生まれ、インペリアで育ったタレントで、現在は東京に住みながら、アイドルやモデル、女優、コスプレイヤーとして活躍しています。

子供の頃によく見ていたアニメの影響でコスプレに興味を持ち始めました。
しかし、ユリコは学校やネット上でのいじめにあい、いくつかの学校を辞めなければならなくなってしまいました。

インペリア美術アカデミーに通っているうちに、日本で暮らしてみたいと思うようになり、お父さんが営んでいたパン屋で働き始めました。
2005年から2008年までManga Summer Schoolの一期生として学び、Make-Up Artistの勉強もしました。

アイドルとして活動したのは2014年から2015年までだけでしたが、その時にはDAM KaraokeやiTunes StoreでYuri Yuri Kakumeiというシングルが配信されました。
当初はアイドルを目指していたユリコでしたが、気の強さと魅力的な性格を活かし、日本のタレントとして活躍するようになりました。
2016年からは自分のスタイルを見つめ直し、イタリアで行われた様々なイベントにゲストとして参加しました。

2016年に東京に戻ってからSuicide Squad のレッドカーペットでHarley Quinnの公式コスプレをしたり、自分でCool Japanというラジオを始めたりしました。
日本中Tekken 7のイベントにいったりBandai Namcoのテーマパークのモデルをして、ライブパーフォマンスもしました。
2017年にWonder WomanとしてJustice Leagueのレッドカーペットに参加しました。
サムライアパートメントとともにコラボをしてHARUKAという曲が出ました。
また、モデルとしてウィグとカラコンの会社で働きました。Prison Hotel というドラマでも映りました。

2018年、ユリコはフリクリの新シリーズとゲームソウルキャリバーVIのプロモーションにコスプレイヤーとして再び出演し、東京と大阪ではハルハラハルコとアイビーバレンタインのコスプレ姿で現れました。 また、海外でも活躍しており、オタクソン(モントリオール-カナダ)とルッカコミックス&ゲームズ(ルッカ-イタリア)にコスプレヤーとして特別ゲストで参加しています。

2019年には、ポルトガルのリスボンで開催された有名なコンベンションであるIberAnimeで特別ゲストとして参加しました。 同年、ユリコタイガーはバーチャルYouTuberの輝夜月のファッションブランド「BeyondtheMoon」のプロモーションモデルとしても活躍。 2020年に彼女は再びHellCatPunksブランドのモデルに選ばれ、有名なアプリTinderのテレビと東京周辺の広告掲示板のプロモーションに出演しました。